人気ドラマ『白い春』

  • 2009/06/12(金) 11:04:05

今、フジテレビで人気ドラマ『白い春』

みなさん好きですか?

まだ1話を見ていない方やもう1度見て見てみたいという方に

こちらで公開していますので、見て下さい泣いて下さい

感動のドラマ『白い春』

入口は→こちらから

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


ニュース記事ランキングへはにほんブログ村 面白ニュース

戦場のメリークリスマス

  • 2009/06/09(火) 03:29:44

映画

戦場のメリークリスマス

私が見た感動する映画をご案内します

ストーリー

ジャワの俘虜収容所を舞台に、極限状況に置かれた人間たちの相克を描いた異色の人間ドラマです。坂本龍一演じる日本軍士官と、デビッド・ボウイ演じる連合軍俘虜の愛情を内に秘めた関係を中心に、男たちの群像劇が静かに描かれる名作。特に、典型的軍人を演じたビートたけしが、敗戦後に元俘虜に「メリークリスマス」と微笑みかける場面は、日本映画史に残る名シーン! 坂本龍一が、映画音楽家として飛躍を遂げた作品でもあります。

1942年、ジャワにある日本軍の浮虜収容所。日本軍軍曹ハラ(ビートたけし)は、収容所の風紀を乱した朝鮮人軍属を処刑するにあたり、俘虜である英国人中佐ロレンス(トム・コンティ)を証人として引き連れて行く。ハラは、日本語を話すロレンスを重用していた。ハラの上長である収容所長ヨノイ大尉(坂本龍一)は、軍律会議に出席。そこに出廷してきた英国軍少佐セリアズ(デビッド・ボウイ)に、ヨノイの目が釘づけになる…。

見た人はまた思い出しても見たくなるでしょう


オンラインDVDレンタル『TSUTAYA DISCAS』会員募集


キャンペーン

宅配DVDレンタル【TSUTAYA DISCAS】は、インターネットからお好きなDVDをレンタル予約していただき、ご自宅までお届けする月額会費制のサービスです。会員登録後、最大1ヶ月(31日間)のフリートライアルでサービスをお試しいただくことができます。
『TSUTAYA DISCAS』/ネットでいつでもどこでもお気楽レンタルDVD&CD!




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

これって再現映画だったの?

  • 2009/05/11(月) 21:40:09

<余命1ケ月の花嫁>

 9日公開された映画「余命1ケ月の花嫁」(廣木隆一監督)が、2日間で30万2000人を動員、興行収入4億1200万円を記録、週末の映画興行成績ランキングでトップだったことを11日、配給元の東宝が明らかにした。女性客が8割で、10代後半〜20代が3分の2を占めたといい、乳がんのため、24歳の若さで亡くなったモデルの長島千恵さんを描いた作品に同性が共感したようだ。

 映画は、若年性乳がんのため、余命1カ月と宣告されながら、07年3月に結婚式を挙げた長島さんの姿を追ったドキュメンタリーを元にしたノンフィクション。23歳で乳がんと診断されたイベントコンパニオンの千恵が、会場で知り合った太郎と交際を始めるが、がんを告白して姿を消す。太郎は千恵を探し出し、「一緒に頑張ろう」と伝え、二人はがんと闘うが、千恵のがんが再発し、余命1カ月であることを告げられる……という物語。千恵を榮倉奈々さん(20)、太郎を瑛太さん(26)が演じている。【細田尚子】





まんぶの独り言


自分がもし余命を告げられたらどうなるんだろ?
正気でいれるんだろうか?気が狂うんだろうか?

皆さんならどうしますか?

残された人生を精一杯生きて行けるんだろうか?


[PR] 【プロミス】期間限定!30日間無利息キャンペーン実施中!

[PR] ▼日本全国どこにでもあるENEOSサービスステーション
約10,000ヵ所で使えるENEOSカードがたいへんお得!





60歳のラブレター

  • 2009/05/09(土) 19:03:25

映画情報

60歳のラブレター
    

長年連れ添った夫婦が、互いに感謝の気持ちを1枚のハガキに綴る応募企画「60歳のラブレター」(住友信託銀行主催)が映画化。離婚や病気など、それぞれに問題を抱えた3組の熟年男女が、あらためて人と人との絆を見つめなおすヒューマンドラマとして注目を集めている。そんな本作について、ユーザーからの多くの共感の声を紹介する。






「熟年離婚」という言葉が一般的になって久しく、いまや定年退職後、子育て後の夫婦のあり方、第2の人生を見つめる動きは大きく広まっている。本作は、そんな現代の夫婦像をとらえ、いわば“実話”を基にした映画だからこそ、他人事でもなく、絵空事でもない、胸に迫る物語として感動と共感を呼んでいる。



■語りつくせない“ありがとう”が詰まった、3組の男女の物語


大手建設会社の役員、橘孝平(中村雅俊)は、上司の娘だったちひろ(原田美枝子)と結婚して30年。家庭を省みない孝平に、何も言えないちひろの仲は冷え切り、孝平の定年退職を機に離婚することに。そんな2人を見て育った娘のマキ(星野真理)は結婚に対して不信感を抱いており、同棲中の恋人とは結婚をしないまま出産を控えている。

魚屋を営む正彦(イッセー尾形)と光江(綾戸智恵)は、毎日憎まれ口をたたき合っているが、正彦が糖尿病になってからは、担当医に従って光江は食事に気を遣い、毎晩のウォーキングにも付き添う仲。そんな時、今度は光江に病気が見つかり……。

医師の静夫(井上順)は5年前に愛妻を亡くし、中学生の娘・理花(金澤美穂)と2人暮らし。近頃は、海外医療小説の監修依頼をしてきた翻訳家・麗子(戸田恵子)に惹かれており、奔放な性格で結婚とは無縁だった麗子も、静夫の実直さに好感を抱くが、そんな2人を見る理花の目は厳しい。


それぞれのパートナーと向き合う彼らの行く末は…?


歳を重ねてこそ感じる迷いや焦り、喜びや幸せ、そして大切な人との絆を丹念に演じているのは、中村雅俊、原田美枝子、井上順、戸田恵子、イッセー尾形、綾戸智恵という個性的かつ実力派のアンサンブルキャスト。そんな彼らをまとめあげたのは、弱冠33歳の新鋭・深川栄洋(「狼少女」「真木栗ノ穴」)。

社会的立場や職業も異なる3組のカップルだが、彼らやその子どもたちの姿に、観客は自分自身や家族との共通点を見出すことができるはず。団塊世代をはじめとする中高年はもちろんのこと、これからパートナーと人生を歩みだそうとする若い世代にとっても、結婚や夫婦・家庭のあり方、男女が連れ添うことについて、あらためて見つめるきっかけとなるはずだ。

  



[PR] Yahoo!ポイントを現金に交換できるのはジャパンネット銀行だけ
[PR] 現役女子高生がグラビアに!


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い